川辺の家(リノベーション)
純和風の築30年のリフォームです。 クライアントからの要望は細かく仕切られた壁を取り払い、広くゆったりと使いたいという事と、室内の明るさを確保したいとの事でした。 お子様は既に独立され、使用されないままの部屋が残され換気や通風を妨げる間取りになっていました。構造的に必要な壁は残しつつ撤去可能な壁は取り払い、各室は大空間を確保する事が出来ました。 また、間接照明やモダンテイストを取り入れる事で、空間は明るさとナチュラルで柔らかな配色になり、主寝室はホテルのように様変わりし、クライアントにも満足いただけている様です。
主寝室(夕景)
寝室へは間接照明のみとし、柔らかな空間となる様に配慮しています。

Houzz で見る